2022年7月27日水曜日

ご案内 都市近郊の水鳥の“いま・むかし”を知る・・・千葉県・手賀沼の鳥

千葉県我孫子市や柏市などに広がる手賀沼(てがぬま)は、利根川水系の湖沼で、大正時代には湖畔に志賀直哉や武者小路実篤などの別荘があり、白樺派ゆかりの地として知られていました。しかし、東京から近いために、その周辺部は人口の流入とそれに伴う開発が進み、1994(平成6)年には水の汚れを示すCODが全国ワースト1位となったほどです。

しかし、現在、湖畔には山階鳥類研究所や全国的にも珍しい“鳥の博物館”・我孫子市鳥の博物館が建っていて、日本の鳥の研究をリードする地となっています。

  

今回の我孫子市鳥の博物館の企画展「手賀沼の鳥-環境と水鳥-」【パンフレット】は、この地で創立50周年を迎える「我孫子野鳥を守る会」の1977(昭和52)年~2020(令和2)年までの44年間のカウント調査をもとにした鳥類の変化を紹介するものです。

コロナ禍が続く中ですので、事前に添付のパンフレットや同館のHPに目を通し、安全なご見学お願いします。〔都市鳥研究会・事務局〕






2022年7月19日火曜日

銀座のデパートに付けたツバメの「人工巣」で初めての巣立ちとカラス対策バリケードの設置

   東京銀座の老舗デパート「松屋銀座」の東館(中央区銀座3丁目)は、40年前から営巣が継続されている場所ですが、最近営巣場所の環境が変わってきて、造巣が難しい状況になってきました。そこで2019年3月にひさしの裏側に人工巣を取り付けました。その人工巣で今年6月に初めて4羽のヒナが巣立ちました。【写真1】

   松屋銀座東館の裏の集荷場にもツバメが営巣していますが、蛍光灯が取り外されることになり、今年3月に人工巣を2か所取り付けました。そこの人工巣にもツバメ夫婦が利用し始めたのですが、設置した場所が通りに面していてカラスに襲われる可能性があるということで、「カラス対策」を6月24日に行ないました。【写真2・3】

   その後、バリケードで守られた巣ではヒナたちが元気に育ち、昨日(7月18日)立ち寄った時、巣立ち間近なヒナたちを見ることができました。【写真4】〔金子凱彦・川内 博〕


写真1

写真2

写真3

写真4


2022年6月15日水曜日

都市鳥研究会・東京駅を中心としたツバメの繁殖調査の近況

  2020(令和2)年の春に第8回の調査を予定していた「東京駅を中心とした3㎞四方におけるツバメ Hirundo rusutica  の繁殖状況調査」(以下、「東京駅ツバメ調査」と略す)は、折からのコロナ禍を受けて延期していましたが、状況の改善がはかばかしくなく、中止いたしました。しかし、会としての調査ではなく、個人的な調査として、前回(2015年)以降に、かつて営巣した場所を中心に状況を記録しましたので地図にして紹介します。  

  地図の中心地は東京駅で、上下左右が3㎞、上方向が北です。この地には、銀座や日本橋といった大規模な商業地域(地図上のE・F・H)、神田や人形町などの中・小のビル街が密集する地域(A・H・D)、兜町などの商社のビルが林立し、高速道路が縦横に走る地域(F)、丸の内・大手町など超高層ビルが林立する地域(B)、日比谷公園や皇居外苑など緑と水のある地域C)、そして皇居や東御苑など緑地でおおわれている地域(I)がモザイク状に入り乱れている、日本の都市環境を代表するような地域です。

  ここをフィールドに1985(昭和60)年から5年ごとに、「東京駅ツバメ調査」を実施していて、その状況は当会の研究誌『URBAN BIRDS』に発表しています。  

  2020~2022〔令和2~4〕年の状況は、とりあえず、6月末発行予定の当会の広報誌『都市鳥ニュース』に発表予定です。ここでは、その状況を下記の地図で紹介します。

【ツバメの営巣場所地図】

:この期間に営巣を記録した場所〔8か所〕

:この期間に営巣は記録されていないが、巣や営巣場所が残っていた場所〔7か所〕

:この期間に営巣していた建物が改築などで無くなった場所〔4か所〕 (川内 博





2022年5月27日金曜日

記録が増えてきた埼玉県最南部のイソヒヨドリ・・・新座・朝霞・志木・和光 での近況

  5月22日午後、狭山丘陵での探鳥会の帰り、JR武蔵野線で向かいの若者につられるように電車を降り、改札に向かったところ、いつも使っている北朝霞駅と違うことに気づきました。一つ手前の新座駅で降りていたのです。しかたがないのでホームのベンチに座って次の電車を待っていると近くからイソヒヨドリの囀りが聞こえてきました。声は向かいのホームに隣接したマンションから。さっそく双眼鏡で探ると6階ベランダに止まって鳴く雄を発見【写真1・2】。ちなみに新座市での初記録は、昨年7月6日で、駅から700mほど離れた住宅街からの情報でした。

  朝霞市からは、今年の3月9日に、朝霞駅近くでの観察情報がありました。また、志木市では5月12日に当会会員の富田恵理子さんが、志木駅に隣接した商業施設マルイの2階のベランダで地鳴きや囀りを耳にしたとのこと。声は線路周辺か、線路に面したビルからと思われるとのこと。今のところこれらは初記録と思われます。

  そのなかで、初記録が2014年の和光市では、2019年6月に駅近くのイトーヨーカドー付近で親子連れが発見され、その後も駅近くで、繁殖期に毎年雌雄が観察され、囀りもよく聞かれています。昨年は駅から4㎞離れた畑地に建てられた東京北部郵便局で繁殖しましたが、今年もその場所の向かいのビル屋上にいる巣立ち雛を発見しました。

 4市は東京23区と隣接した地域で比較的環境が似た一帯です。東京都の練馬区、板橋区、西東京市、東久留米市、清瀬市なども合わせてその動きを追っているところです。〔川内 博〕





2022年4月27日水曜日

図書紹介・ハトの“豆知識”を満載した『となりのハト』

『となりのハト』柴田佳秀著 (2022年4月・山と渓谷社刊、定価1485円)

  ハトへの興味を、著者自身が冒頭で「うつろな目でただ首を振って歩き回るだけの気持ちの悪い鳥」・「正直、私はハトにはそれほど関心がなかった・・・失礼だが、なんだか頭が悪そうで、なんと魅力に乏しい鳥なのだろうか」と記しています。

  たしかに、野生のハトに関する本は少なく、研究も多くない状態です。一般に関心度が高いのは「農作物への加害」、次いで「ハト公害」で、直接それにかかわっている人以外は、興味を持たれることの少ない鳥であることは確かだと思います。

  しかし、実際その鳥について調べてみると、すそ野の広い、豊かなグループであることを本書【表紙写真】は語っています。「ハトという鳥」に始まり、日本のゆかいなハトたち、世界のハト・絶滅したハトの紹介などがあり、鳥についての初心者でも読み進められる構成になっています。読者が知らず知らずのうちに“ハト博士”気分になったらこの本の本懐でしょう。最終章では、人とハトに関わるさまざまなことが記されています。登場するハトは、もっともなじみのあるドバト(カワラバト)が中心で、それに関わるいろいろな話題が紹介されています。

  一つひとつは“豆知識”レベルですが、インターネットの時代、興味ある話題についてスマホやパソコンを使えば “豆粒大”であった知識を大きく育てることができ、また深堀をしてみようというきっかけにもなり、帯に記されているように“ハトのいる毎日の景色が一変する一冊”であることは間違いない本です。【都市鳥研究会・事務局】





2022年3月29日火曜日

最近の「ツバメ」の話題をお寄せください

 コロナ禍のなか3年目の春を迎えています。都市鳥研究会では、身近なところでの「ツバメ」の話題を集めています。“コロナ禍で電車に乗る人が少なくなって、駅舎でのツバメの営巣がなくなった”・“久しぶりにツバメを見かけたらコシアカツバメだった”・“市役所にあったイワツバメのコロニーがハシブトガラスに襲われた”などなど、また、あまりなじみのない「リュウキュウツバメ」や市街地へ入ってきた「ヒメアマツバメ」の話題などもぜひお寄せください。

  昨年末に発行された『全国鳥類繁殖分布調査報告』を見ると、約半世紀の間に、日本にすむ鳥たちの繁殖分布の変化に興味がわいてきます。ツバメたちも同様で、その変化にはそれぞれ理由があるはずです。そのあたりのことは図面上で俯瞰的にみても分かることではなく、地面を歩きながら、ひとつ一つ丁寧に調べていくしかありません。

  私のフィールドでは、ツバメの営巣は減る一方です。また、10年来繁殖していた、JR北朝霞駅(埼玉県朝霞市)のイワツバメの古巣を利用したヒメアマツバメの営巣地には、コンクリート造りの鉄道高架の落下事故防止のためか、天井にネットが張られてしまいました。そのためほとんどの巣は使われなくなってしまいました。【写真1・2】今春は、その後どのようになっているか調べる予定です。  

 都市環境にすむ「ツバメ」の今を、写真などをまじえてご報告ください。このブログや当会広報誌『都市鳥ニュース』などで紹介させていただきます。〔川内 博〕

※話題提供は都市鳥研究会・事務局にメールでお送りください。

メールアドレス:hkawachi2dream☆yahoo.co.jp
なお、アドレスはスバム対策のために、@を☆にしてありますので、お手数ですが、手入力で☆を@にかえていただきますようお願い申し上げます。


(写真1)イワツバメの古巣を利用したヒメアマツバメの巣


(写真2)高架の天井一面にネットが張られたコロニー



2022年3月15日火曜日

銀座のデパートにツバメのための人工巣を取付けます・今春の成果が楽しみです

東京銀座の老舗デパート「銀座松屋」は“ツバメの定宿”として知られています。銀座で長期間営巣を続けているのはここだけです。

その東館(中央区銀座3丁目)では、昨年までツバメが利用していた蛍光灯がすべて取り外され、巣が撤去されました。

銀座のど真ん中で巣を作る足がかりがある建物はほとんどありません。そこでツバメの手助けをしようと、松屋デパートさんの協力を得て、人工の巣を取り付けることとなりました。今春、その成果が楽しみです。(金子凱彦)


昨年までツバメは庇下の蛍光灯のカバーで営巣していました。カバーに切り込みを入れて持ち上げ、巣やヒナが落ちないように工夫されています。デパート関係者に守られていました。


     庇の天井下に付いていた蛍光灯が外されました。柱や壁に人工の巣を付ける予定です。


2022年2月20日日曜日

研究会誌『URBAN BIRDS Vol.38』を発行しました

 当会2021年度の会誌を発行しました。本来であれば昨年中の発行を予定していましたが、コロナ禍の中、大勢の会員や協力者の参加で12月に実施しました「第8回都心におけるカラスの集団塒の個体数調査(2021年)」の結果を報告するため、2月半ば過ぎの発行となりました。

  東京都内や周辺からカラスの姿が減っているのは、日ごろ実感としてわかっていましたが、実際に調査をしてみると、思った以上の減少ぶりでした。その成果の一部は、すでに本ブログにアップしています。また、東京新聞や朝日新聞デジタルなどでも紹介されていますが、本号にはその調査の全容が18ページわたって詳細に記されています。

    また、巻末に載せられている「東京区部の緑島におけるフクロウの観察」という報告は、他に事例のない内容ですので、フクロウに興味のある方は一読の価値があると思います。保護のためその場所は明示されていませんが、5年以上にわる東京23区のある緑地でのペアのフクロウの生態を追ったもので、写真が多用された14ページの力作です。

 その他、ツバメ、オオタカ・ツミ、イソヒヨドリ、ガビチョウなど、当会ならではのラインナップで、東京を中心とした都市鳥の今の生態が報告されています。

  研究会誌『URBAN BIRDS』は会員だけへの配布ですので、興味を持たれた方はぜひご入会下さい。年会費2,500円で、どなたでも入会できます。また、バックナンバーも会員には「貸出し」を行っています。詳しくはホームページをご覧ください。

  URL:http://urbanbirds.eco.coocan.jp/          〔都市鳥研究会・事務局〕

 最新刊「通巻第79号」Vol.38 2021年12月 

●巻頭言 (山部直喜) 
●第8回都心におけるカラスの集団塒の個体数調査(2021年)(唐沢孝一・越川重治・金子凱彦)
●成田市におけるツバメのの営巣数と営巣部位の変化(2019~2021年)(唐沢孝一)
●JR山手線駒込駅とその周辺におけるツバメの繁殖(小松雄一郎・唐沢孝一)
●ツバメの子殺し行動と雛への攻撃行動(越川重治)
●ツバメの巣立ち雛による労働寄生(越川重治)
●東京23区とその周辺におけるオオタカとツミの繁殖状況(2021年)(唐沢孝一)
●埼玉県和光市におけるイソヒヨドリの生息・繁殖状況(川内博・川内桂子
●イソヒヨドリにおける餌利用の季節変化の傾向-インターネット・SNSを活用した調査-(鈴木遼太郎)
●都市部の商業地域で観察されガビチョウ(鈴木遼太郎)
●東京区部の緑島におけるフクロウの観察(井上裕由)

2022年1月17日月曜日

都心のカラスの個体数調査(2021年) 調査結果の確定数値

 2021年12月12日に実施した第8回都心におけるカラスの個体数調査(2021年)の確定数が決まりましたのでお知らせします。

都心3カ所の集団塒のカラスの羽数

自然教育園25羽、明治神宮1580羽、豊島ケ岡墓地1180羽、計2785羽

なお、2021年12月18日にこのブログに投稿した速報値(自然教育園24羽、明治神宮1576羽、計2780羽)は上記のように訂正します。

現在、減少要因の分析や今後の課題なども含めて報告書としてまとめているところです。詳細は2022年発行予定の会誌『URBAN BIRDS』に掲載しますのでご覧ください。数値の引用等を行う場合は事務局か調査責任者にご連絡ください。あるいは『URBAN BIRDS』発行後にお願いします。(文責 唐沢孝一・越川重治・金子凱彦)


2022年1月13日木曜日

会員からの投稿 ハクセキレイの戦い

11月のある日、自転車で自宅近くの大分川(大分県大分市)で探鳥中、堤防の下の河川敷の舗装された人道・自転車道で、ハクセキレイの雌が2羽、地面で採餌していました。

そこに1羽の雄が来て3羽で、やや距離を保ちながら採餌していました。そこにもう1羽雄が来て様子が急変しました。

雄同士で取っ組み合いとなり、空中と地上で激しい争いとなりました。【写真】 互いに力が拮抗していたのか、なかなか勝負は決まらず、その間何度か人や自転車が通るたび、両者はその場を離れ、再度戦いが始まるといった具合でした。雌は2羽ともその場を離れ、私の視野からは消えていました。

結局、この戦いは顔が黄色く背中の色が薄い若い個体が勝者となりました。その後その若い雄と雌が河川敷のフェンスに仲良く止まっているのを見かけました。(鈴木達雄)





2021年12月31日金曜日

『都市鳥ニュース No.31』を発行します

  年2回発行しています都市鳥研究会の広報誌『都市鳥ニュース No.31』を発行します。

今回は、前号に引き続いて「特集・首都圏のイソヒヨドリの今・2」として、埼玉県全域と東京都全域および区部(東京23区)【図】の状況を地図化して掲載します。とともに、それらの地域の「繁殖状況」を中心に紹介してあります。いずれの地区もまだ調査が十分でない感がありますが、相当な範囲に生息分布は広がっていることがわかります。

  そこで、今後の調査の力点を「営巣・繁殖」に置きたいと思っています。その参考となるものを誌面のトップで紹介しました。「奈良県吉野町におけるイソヒヨドリの繁殖観察日記」というタイトルで2019年の観察。繁殖生態の興味ある写真が多数掲載されています。とくにほとんど見ることができない抱卵中の姿や巣内ヒナのようすなどを知ることができます。また、同じ場所で複数回繁殖する際の状況など、さらにそれらが日記となって記されていますのでその経過を知ることもでき参考になります。〔都市鳥研究会・事務局〕




2021年12月18日土曜日

調査結果の速報~都心のカラスの個体数調査(2021年)

2021年12月12日に実施した第8回都心におけるカラスの個体数調査(2021年)の速報値をお知らせします。

都心3カ所の集団塒のカラスの羽数

自然教育園24羽、明治神宮1576羽、豊島ケ岡墓地1180羽、計2780羽

〇6年前の2015年の合計4816羽に比べ2036羽の減少。減少率は42.3%でした。

〇ピーク時(2000年)の18658羽に比べ85%の減少となりました。

〇特に自然教育園での減少が著しく、2015年の848羽から24羽へと激減。減少率は96.6%でした。

ただし、上記の数値は12月16日現在の暫定的な速報値です。現在、減少要因の分析や今後の課題なども含めて報告書としてまとめているところです。詳細は2022年発行予定の会誌『URBAN BIRDS』に掲載しますのでご覧ください。(文責 唐沢孝一・越川重治・金子凱彦)




2021年12月14日火曜日

速報・第8回東京都心3か所のカラス塒調査終わる

   折からのコロナ禍のなか、その実施を延期していた「第8回 都心におけるカラスの集団塒の個体数調査」を、1年遅れで、12日(日)の午後~夕方にかけて、東京都内3か所で予定通りに実施いたしました。本調査は、都市鳥研究会のメイン研究のひとつで、都内に増えてきていたカラス(おもにハシブトガラス)の個体数とその変化を知るために、明治神宮(渋谷区)・自然教育園(港区)・豊島ヶ岡墓地(文京区)の3か所で塒(ねぐら)に集まるカラスの数を調べているもので、1985年12月の第1回以来、5年ごとに実施し、今回は8回目で35年間のロング調査となっています。  

  調査員は全員、交通費を含めてボランティアでの活動。その一つの豊島ヶ岡墓地では、隣接する護国寺前に集合し、調査個所10地点・それぞれに調査員が配置され、午後1時過ぎ~5時までの約4時間、分担の方向を見続けて、カラスの出入りを観察しました。【写真・調査説明を聞く調査員たち】 10地点での合計は速報値で1,180羽。前回2015年は1,607羽でしたので、26.6%減という結果でした。

  幸いなことに、当日は好天無風で、冬とは思えない暖かさでした。調査にご協力いただきました54名の皆様にお礼を申し上げます。  

  東京都内のカラスは2000年をピークに年々減少していますが、今回の3か所全体の結果は、当会会誌の『URBAN BIRDS Vol.38』で発表予定です。その際には、詳細をこのブログでも紹介します。〔都市鳥研究会・事務局〕




2021年11月30日火曜日

東武東上線のムクドリの「駅前ねぐら」・第7報

  2015年8月14日から、ほぼ毎年のように本ブログにアップしている同名のタイトルも第7報となりました。今秋の9月~11月の状況を報告します。基本的にはこの6年間と“変わらず”ということになりますが、新しい動きも見られました。

    ひとつは、「新ねぐら地発見」で、今まで私の調査範囲では記録がなかった上福岡駅(埼玉県ふじみ野市)の駅前にムクドリのねぐらがあるとの情報で、10月28日に現地を訪れ、約1000羽のねぐら入りを確認しました【写真】。上福岡駅は急行電車が通過する駅で、本ブログによく登場している急行停車駅の「ふじみ野駅」の隣りです。  

  そのふじみ野駅はここのところのさまざまな対策が功を奏したのか、駅前から姿を消し、昨年は約1㎞離れた川越街道との交差点付近に移動していました〔2020年8月31日付をご覧ください〕。今秋の3回の調査では、9月27日に17時12分時点ではムクドリはいませんでしたが、川越街道の交差点まで確認にいき、17時50分に駅前に戻ってみると、駅前広場の5本のケヤキで数100羽の鳴き騒ぐ声を確認しました。しかし、その後、2回同地を訪れた時は、ムクドリの声はなく、駅前から続く通りに点々と設置された10台の「バードプロテクター」が次々と鳴り響いていただけでした。現時点では確証はありませんが、上福岡駅前に飛来したムクドリは、“追い立てると隣の駅に移る”というこの鳥の習性から、ふじみ野駅から移動したのではと考えられます。

 ちなみに、11月28日に上福岡駅での再調査をしたところ、約500羽のねぐら入りを確認しました。その後電車で約6分のふじみ野駅に立ち寄りましたが、やはりムクドリの気配はありませんでした。  

  もう一つの変化は川越駅からムクドリのねぐらが消えたことです。川越駅には9月21日と11月3日に訪れましたが、東口・西口とも糞跡もなくムクドリのねぐらの“気配なし”といったところです。この地でねぐらが確認できなかったのは昨秋も同じで、ねぐら地が西武新宿線の本川越駅に移ったのか、現在経過調査しているところです。[川内 博・桂子]



 

2021年10月30日土曜日

全国鳥類繁殖分布調査報告書“日本の鳥の今を描こう 2016-2021年”の紹介と 越冬期調査への協力のお勧め

「調査にご協力いただいた皆様へ」ということで一冊の報告書が10月29日に郵送されてきました【図1】。中身は、わが国で繁殖している鳥たちのそれぞれの繁殖状況が、1970年代・1990年代・2010年代の3つの日本地図に記されています。例えば、当会が調査・研究しているイソヒヨドリの図版を見れば、かつては“海岸線に固着していた鳥”が、いつごろから内陸部にも進出したのか、そして今はどのような繁殖分布になっているかが一目でわかるようになっています【図2】。

報告書には、同じような図版が種ごとに、278種余掲載されています。全国を対象としたこのような繁殖地図は、世界的に見てもトップクラスのレベルです。

報告書自体は協力者や団体だけに配布される非売品ですが、多くの方が利用できるようにPDF版が公開されているとのことです。詳しくは下記にアクセスください。

https://www.bird-atlas.jp/pub.html

この事業を推進してきたNPO法人・バードリサーチは、この冬も「越冬分布調査」を継続するとのことで、その協力を呼びかけています。繁殖分布とともに、越冬期の状況も図で示せるようになれば、さらにさまざまな形での活用が広がると思います。  また、これらの調査が“ボランティア”で行われていることも意義が高いと思います。“野鳥の識別ができる”ということは一つの特技です。一人ひとりの観察や調査は小さいものですが、一つにまとまれば、日本の自然環境の「今」を記録することができます。ぜひこの活動にも一助をお願いします。(川内博)

https://www.bird-atlas.jp/winter.html

                              

(図1)

(図2)